top of page

Crockett & Jones (クロケット ジョーンズ) ハーフラバー

クロケット&ジョーンズのダブルモンク。

LOWNDESと名付けられたこの靴は僕の感覚からするとややロングノーズぎみ。

それでもコバはしっかりしているので、削り込みすぎたクロケットに比べ好印象です。

ハーフラバーで滑り止め兼、ソールの保護です。


使用したラバーはVibram2027。

一般的に多く目にするラバーかと思いますが、当工房でもスタンダードとして使用している素材です。


トゥの「Vibram」ロゴと、土踏まず付近の「Vibram」ロゴとのバランスが取りづらいのが玉に瑕のこの素材ですが、ハマればカッコイイ。

今回はバランスがバッチリ!


靴を下ろしたての時、まずつま先が減っていくように感じるかと思います。まさにその通りで、ソールの反り返りが付くまではつま先が最後まで地面に残り、引っ搔きますのでつま先は磨耗します。

ソールは殆ど減っていませんでしたが、この靴もつま先がウェルトまで削れていました。

ハーフラバー装着の場合、つま先の減り部分は革でアタッチし装着します。


ハーフラバー Vibram2027使用・・・・2,500円(税抜)

つま先アタッチ・・・・500円(税抜)


■ブランド紹介■

1879年イギリスのノーザンプトンにて創業。

古くは多くのOEMを手掛け、黒子的な存在で同地にてチャーチに次ぐ規模へと発展しましたが、現社長が就任後は自社オリジナルにも注力し、ブランドイメージの向上に成功しています。

ハンドグレードラインという最上ラインの靴は、規制靴としてはトップクラスの技術が如何なく発揮されていて惚れ惚れしますね。

もちろん通常ラインもしっかりと造りこまれています。


shoe repair ROOST (シューリペア ルースト)

愛知県名古屋市千種区四谷通2-8 YOU YOTSUYA 2F

OPEN 11:00~19:00

CLOCE 月曜日、第二火曜日

052-783-8355

Comments


bottom of page