top of page

Tricker's (トリッカーズ)ラバーオールソール


■グッドイヤーソール使用・・・14,500円(税別)

■ダブルソール(オプション)・・・2,000円(税別)


トリッカーズのカントリーシューズ。

珍しいグリーン色。確かポールスミスの別注だったような・・・。

ソールを純正でも採用している「グッドイヤー ソール」でオールソールです。

アウトステッチを掛けることができる登山型のソールは主に2種類あります。

「コマンドソール」と「グッドイヤーソール」です。

以前トリッカーズはコマンドソールを採用していましたが、10年程前にグッドイヤーソールに切替えています。


今回使用したのは現行でも使われているグッドイヤーソール。

コマンドソールとグッドイヤーソールは取分けて大きな違いは無く、形状や耐久力、硬さなどもほぼ同等と考えています。

唯一違うのはヒールで、コマンドヒールの方は20mmぐらいのいわゆるブロックヒール。

一方グッドイヤーヒールの方は12mmなので、ソールとの間を革で積み上げトップリフトを付けます。

グッドイヤーの方が今後の補修がしやすい造りですね。

トリッカーズもそういった汎用性からグッドイヤーソールを採用しているのかもしれません。


アッパーとアウトソールとの間に革を一枚挟んだダブルソール仕様なので、最初は硬いと感じるかもしれませんが、挟まった革がクッションの役目を果たし、歩いていて楽だと感じる方もいるようです。

特にトリッカーズのラストは、土踏まずより前半分が上方に向かって少し反っているので、「ころん」と転がる感じで以外と歩きやすいです。


■フランド紹介■

靴作りの名人ジョセフ・トリッカーが1829年に創業し、150年以上の歴史は聖地ノーザンプトンにおいても老舗です。

インソールなどに刻印されたメーカーロゴの上部には「英国王室御用達」の証である、王冠に3本の鳥の羽をあしらった紋章が刻印されてます。

大きく分けるとオーセンティックな木型で造られる「ドレスライン」と、元々はハンティング時の靴として用いられていたヘビーデューティーな「カントリーライン」とに分けられます。

現在ではカントリーラインもファッションアイテムとして街履きする方が主ですね。

スニーカーブームに押され気味の革靴党ですが、オールデンやパラブーツ、そしてこのトリッカーズの人気は安定している様に感じます。

早くからレディースサイズも製造していて、カジュアルな普段履きとして所有されている人も多く、履いている女性を見かけると嬉しくなります。


shoe repair ROOST (シューリペア ルースト)

愛知県名古屋市千種区四谷通2-8 YOU YOTSUYA 2F

OPEN 11:00~19:00

CLOCE 月曜日、第二火曜日

052-783-8355

Comentarios


bottom of page